絵のトラウマ

毎日日記

そもそもこのブログは何なのか

人のブログを見ていた、そういえばこのブログの皮って必要最低限の最低限以下で止まってると。

見栄えも良くなければ、そもそもブログの内容も良くわからないものになっている。

今度しっかり作っておこうと思いますが、こんなブログでも読んでくれてる人がいるのはありがたいです。

一応ここで言っておくと、

毎日日記を書く場所で、書く内容はなんでもで、その時思ったことや、その場で感じていること考えていることなんか、その日の出来事なんかもとにかく書いているブログです。ちなみに画像は権利フリーの場所からとってきています。

絵のトラウマ

読んでいたブログは絵日記ブログだったが、私は絵というものが全然できないので羨ましいなと思ってみている。

中学の頃、美術で5を取るにはどうしたらいいのかと言われ、その時の課題が点描だったのだが、点をとにかくたくさん書いたら5あげるよと言われ、それでも2を取るくらいの美術もとい絵の能力である。

ただ、恐らくそれだけで大したことにはなっていなかったと思われる、私が絵を極端に怖がるトラウマな出来事がある。

それも中学生の頃の話になるが、その日はポスターを作る日だった。確か歯磨き系の奴だったと思う。

リアルに泣きながら描いたポスターを提出したところ、同級生に笑われる。

この時点でもう顔真っ赤で、でもこいつらこういうこと言うやつらだししょうがないかと諦めていた頃に

「はは、もうちょっとうまく書けないの」

担任から言われたのである。そしてその時から私は人前に出るとか、作ったものを提出すると言ったことを極端に怖がるようになっている。

実のところまだ少しばかりこれが残っている。

この担任は中学の校長から説教を受けたり、PTAから苦情がガンガン入ったりする超がつく問題教師だった

でも中学生の頃にそんな事分かるわけがない、絵を描くたびに、笑われるんじゃないのか、馬鹿にされるんじゃないのか、という考えが頭をよぎるようになったわけである。

だから文字だけのブログがメインに近いものになっている。でもここ最近は読めるような量が供給できていないので、もう少し書き方みたいなものを考えていきたいと思っている。

でも絵が少しでも描けるようになったらそういうものも描きたいなと思っている。

学生時代に比べればいまはだいぶ回復しているが、ツイッチのスタンプを作るのが怖い原因がここにもある、でも言われたので頑張ろうと思う。

トラウマを乗り越えて私はまた一つ成長しようと思う。

コメント

タイトルとURLをコピーしました