定期的に掃除しないとなあ

毎日日記

事の発端

話は26日の夜になる、休日で配信をやった後の私は強烈な眠気に、少しだけ仮眠を取ろうと横になってすぐに寝た。

起きたときにその異変はすぐに分かった、左耳の中がごそごそと音がするのだ。それも指が届かないくらいの奥の方で。

耳の中には平衡感覚を司る神経もあるのだが、その辺りをいじられているかのような気持ち悪さで、そんな不快感に耐えながらも耳かきで探ってみたが、その何かが更に耳の敏感な部分に当たっているのか、更に強烈な嫌悪感と気持ち悪さを誘発するだけだった。

寝て起きたらどうにか治ってないだろうかとも考えたが、寝直すこともできないくらい深刻な状況だったので、夜もかなり時間が経っていたが病院に行くことも視野に入れていた。

最後の最後の希望ということで、風呂場で水を流し込んでみるという手段に出ることにした。

そしてが出てきた。私自身30年生きていて初めての経験だった、寝ていた間に虫が耳の中に入ったのだと。耳の奥でずっとガサガサなっていたのはこいつだったのだと。

出て言った瞬間から違和感は完全になくなり、諸悪の根源がいなくなったことに安堵こそしたが、最近部屋の掃除全然できてなかったなあと思ったのと、こんな部屋の状況じゃ病気になりかねないのではと早急に掃除を敢行することにした

掃除はしなければいけなかった

部屋の掃除をする理由としてはこの虫が一番だったが、実は掃除をしなければいけない理由がいくつかあった。

一つはベッドを導入するという話が出ていた事である。なんでも母がベッドを使いたいというのだが、店で売っているものがどんなものかわからないといいつつ、何故か私にベッドを買うということで人柱にしようとしていた。自分は何も困らないし自分自身興味があったので『まあいいか』と深く考えないことにした。

そのための掃除が一つ。

もう一つが、私の部屋は畳張りの部屋なのだが、畳が古く、ささくれ、酷いありさまになっている。私が普段座っている椅子なんて畳にめり込むように立っているし、何故そんな場所に畳の端切れが入り込んでるんだという場所にまで入り込んでいた。

クッションを外した状態の写真がこれである、これでも目に付く畳の切れ端を落とした後である。てかどうやったらこんな場所に入り込むんだ……

そんな床を、即興なものではあるが張り替えようという話がある、椅子のローラーも畳にのめり込んでいるのでほぼ動いていない。ずっとパソコン以外の場所に動かせなかったので勉強もできなかった可能性まである。

そんな二つ、そして虫の三つの理由で掃除をした。結果は一枚目の写真である。

結果的に、漏電の危機を回避できた、掃除してなかったらいつか発火してたんじゃないかというくらいにはコンセント周りに埃被っていた。

ついでなのでPCも

どうせ掃除するならここもやるかと、PCケースのねじ回し手カバー外してみた。

想像していたよりもはるかにやばかった、正直部屋の掃除よりこのPCの掃除の方が一番時間がかかったかもしれない。

部屋の埃が全てこの中に入っていったのではないかと思えるくらい溜まっていた、まあ一年くらい開いてなかったのでしょうがない。

掃除は定期的にやっていこうと思う、特にPCの中身は定期的に開かないと地獄が顕現しているパターンが多そうだと思った。

コメント

タイトルとURLをコピーしました