部屋には金をかけたいよねと

毎日日記

まず根元から

部屋の改造計画がある、というとかっこよく聞こえそうだが、実は自分が主導の話ではなく提案されたので乗っかっているという話でもある。

私の部屋は畳部屋なのだが、座ってる椅子がローラー付きのもの。挙句足元の畳は長年使われてきた畳だったので(最低でも50年は経っている) ボロボロで、毎日畳がちぎれてどこかしこに飛んでいく。

少し前のブログで写真を見せたかと思うが、椅子のクッションの下に何故か畳の切れ端が溜まる始末。

いい加減畳をどうにかしよう。

こうなりました。

畳を入れ替えただけです。

だけどそれにも理由がある、この部屋の畳昔の規格の畳で、普通の畳では大きさが合わない。

この時ついでに部屋の広さを測ったが、昔の畳6畳で370×270ほどだった。一人の人間が使う部屋としては広すぎるよなとも思っていた。

これを買うとなると恐らく特注でもしなければいけない、はっきり言って高いだろう。だから入れ替えるだけで終わらせるしかなかった。

これで足元だけはましになった、そしてもうイ草がズボンにびっしりつくことも、椅子のクッションがイ草まみれになることもなくなるだろう。一つストレスから解放されたのだ。

そんなに居心地よくして出られなくなったらどうするの

ここから次は下に敷くものを既に注文している。畳の上から敷くもので、椅子のローラーもちゃんと機能するものである。

更には以前ブログで書いただろうベッドも来る万年布団だった私がベッドで寝られるのかという疑問はあるが、まあ気にしない。

どんどん自分の部屋の居心地を良くしているが、私はこの家を出たいと思っていたはずではないのだろうかと、ふと正気にも戻っていた。

でもどうせすぐには出られないんだし無駄になることは無いんだから、これでもいいんじゃねもうと半ばやけくそで部屋を改造している。

これらが終わったら、とりあえず配信のとき背後がみえるのをどうにかしたほうがいいのかもしれないと思っている。テントみたいなものを付けるべきなのかと。

流石に生活感丸出しもあれだよなと今は反省している。

金の掛け方

ブラックフライデーやらオータムセールが絶賛進行中だが、正直なところ自分は買いたいなと思うものがない。

今までだったら何も考えずにジュースなんかを頼んでいた可能性があったが、いまはもう決まった時間帯や、むやみやたらと糖類を取ることに少しばかりの恐怖を覚えているので自分に歯止めがかかっている。

こういったセールを自分へのご褒美なんてよく称されているが、結局自分が欲しいものを欲しいときに買うのが、一番賢い金の使い方というものだよなと思っている。

だから床を張り替えるのも、ベッドが導入されるのも、いまがその時なのだと。

セールという言葉に踊らされていては、財布のひもはいつも開きっぱなしになるだろうとも。

本は別で。

コメント

タイトルとURLをコピーしました