身だしなみは日々のコツコツ

毎日日記

カミソリは替え刃が高い

私はひげが伸びるのがとにかく早いと思う、思うというのは人と比較したことがないからわからないのだが、半日もすると見えてくるくらいなので相当早い方だろうやはり。

一度は永久脱毛も考えたことがあるが、美容関係の姉貴に「永久脱毛は死ぬほど痛い」と脅されてビビりな私は手を出そうとも考えなくなった。姉貴は嘘をつかない、姉貴は神。

そんなわけで剃るしかないのだが、髭を剃る為に電動シェーバーを欲しいと思ったのだが、髭剃りというのはメーカーによって結構使い心地が違うらしいが、物が物で高価なのでおいそれと試せるものでもない。

だけどカミソリ自体がもう使い物にならなくなってきたので、自分の働いている店でグレードアップしたカミソリを買ってきた。

まず最初に思ったのが、電動ってどういうことだという事。電池でも入ってんのか、電動ってどんな風に動くのか、開いた段階でもよくわからなかった。

下の部分の切れ目から電池が出てきた、ボタンは赤い奴で、テーブルの上でスイッチを入れてみると、すさまじい微振動で机の上をどんどん転がっていった。

あまりに振動するものだからこれでざっくりやっちまわねえかと不安になったが、風呂に入って使ってみると案外切れない。そして結構そり残しも少なかった。

洗顔泡を落とした後にそり少しだけそり残しがあるなと、これは自分が出不精だからなってしまうのだが、そのことに気づいて、刃をそのままに少し押し付けたらちょっと荒れた、でも普通そんな使い方間抜けしかやらない。

電動シェーバーもあれば結構普段から小奇麗な姿を見せられるのかもしれないと、電動カミソリとはいえ買った甲斐を感じていた。

ちなみに1700円くらいする、替え刃は2倍以上の金額がする。継続しようとするとどえらい金がかかりそうだが、おしゃれには金がかかるともいうし諦めるしかない。いままでが無頓着だったのだと。

ちなみに電動シェーバーは一番高いそれぞれのメーカー品で、大体平均4万とかする。でも電動シェーバーはそれで10年くらい戦えると思えば安いものかもしれない。まあ複数買いはとてもじゃないができないけれども。

コメント

タイトルとURLをコピーしました