成人式終わってこんなのはどうかとも思うが

毎日日記

 

やらない後悔よりやる後悔とよく言う、成人式はその例えに一番いい催しものではないだろうかと思っている。出席する後悔と、出席しなかった後悔のどちらがいいかという話だ。もちろん私は前者だと思っている。前者は出たという事実があるからでこそ、失敗として人に話をすることができる。だけど参加もしてなかった人間にはそもそもどういうものなのかが分からない。未知は誰にも語れないという事。

私の成人式は正直あまり記憶に残っていない、何も大きな出来事もなければ、ただただ田舎の平凡な成人式だった。男はほとんどがスーツを着て、女はみんな振袖を着ている、そして学生時代にやんちゃだった男二人だけが着物を着ていて浮いていた記憶がある。あの頃のガキ大将は何も成長していないんだなと思ったくらいで、特に誰か乱入したとか、乱痴気騒ぎをしたとかいうものもなかった。

でも参加してなかったらこんなことさえ知らないのだ、あの時参加しておけばよかったなあなんて思っても一生に一度だからもう参加もできないという。私は強烈にやる後悔をおす、やれば何かと話すネタにもなるし。

だから私はいろんなものに手を出していた、囲碁とか将棋とか連珠とか、空手とかバドミントンとか、それら全てが結構記憶にも残っているので、なんだかんだやってみるものなんだなと思った。まあ中にはやめて後悔しているものも多い、空手なんてもう20年近く経つというのに、いまだに自分がやっていた型を身体が覚えているのだ、短い期間ながらも自分がどれだけ打ち込んでいたかが分かるというものでもある。

失敗はプラスにもマイナスにもなるが、未知はゼロなのだと、これおれの名言にしていいよ。

進捗

0P 目の調子が少しずつは良くなってきている、気がする。

フォロワー+1 毎日一人増えれば上出来

ちょっとティルトしすぎた、もうちょっと精神面を鍛えないとゲームに勝てない気がする。自分に必要なのはやはりメンタル。

コメント

タイトルとURLをコピーしました