それは忘れたころに来る

毎日日記

本当に嫌な汗が流れた

仕事終わり、いつもの場所に見覚えのある封筒。

一か月ほど前に受けた健康診断の結果が封筒に入って送られてきていた。健康診断というのはいつも忘れたころに来る、いつも意識の外からやってくるから心臓に悪い。健康に悪い。

と言ってもどうせ目が悪いくらいで終わるんだろと、前のときもそうだけどタバコも吸わなきゃ酒もほとんど飲まない、えげつないくらい目は悪いけどそれ以外に悪いところなんざ

家に帰って封筒を開いた。

え゛?

ちなみにセーフラインは125である、あれこれまじでやばいのでは?

一つ思い出した

なんでこんなに高いんだ、体重だって減ってるし、腹囲も1,7cm減っていたはず、他の検査値なんてほぼほぼ下がっている、なんでここだけが異常に高いんだと。ジュースが大好きなのはあるけど、それでもかなり減らしたはず、お菓子も去年に比べたら結構減ったはずだ。

そもそも一年前の自分はまだプチ断食なる、一日一食を抜くという行動をしていなかったので、糖類、もとい炭水化物的な米などの基本的な量は減っているはずなのである、一年前と比べて血糖が上がる道理はどこにもないはずだった。

そして検査日当日の事を思い出した。

私は方向音痴が極限まで高められてるタイプの人間で、いつも一時間前に着くくらいに家を出る、その日も当然のように家を一時間早く出た。1時間早くなので、何も考えずにウィダーインゼリーを飲んだ

も考えずにウィダーインゼリーを飲んだ

あれこれでは?

そもそも検査前に食事をするなというのは基本中の基本で、多分寝ぼけていたのだろう、グイっと一袋飲み干した記憶がある。当然血中糖度なんて跳ね上がる、跳ね上げるために飲んだのかというくらいには。

なんだ、一時的に上がっただけかこれ……でも実際の検査値を知りたいなとは思ってる、そのもやもやがあるが、もう戒めとして、自分は糖尿病予備軍なんだという考えで生きていこうと思います。

まあ運動不足なのは確かだし、他の検査値も目以外はA判定の健康体、とはいえ多分すれすれのぎりぎりな検査値なので健康に気を使う必要はあるだろう。今度から自転車に乗るのを頻繁にしていこうと思います。お前らも気を付けろな。

コメント

タイトルとURLをコピーしました