夢のためにやらなければいけないこと

何者かになりたいというのであれば、そのために時間を費やすのは当然です。時間もかけずに何者かになれたとしても、あなたはその場所をずっと守り続けられるでしょうか。

偶然書いた小説でデビューできたという人の話がないわけではありません、ですがそういう人もだいたい数年もしないうちに消えるといわれています。

下手をすると1作品で消える人もいるという話です。

それは、その時までの積み重ねがないから、その当人に技術や知識といった積み重ねがないから、次が生み出せなかったという話なので、結局一発屋でどこまでもいける人というのはほぼいない存在だと思っていいでしょう。

もし一発当てて今でも食って言ってる人いるじゃないかという人がいれば、その人は必ずその前に失敗を繰り返しています。

芸人の一発芸だって、その前に100発どころか1000発、下手をしたら1万発は不発があるでしょう。私たちがみていないだけで。

では小説家になるために必要なことは何か、これはもう偉大な先人たちが口を酸っぱくなるほど言っているので、引用させてもらいましょう。

とにかく書き、とにかく読むこと byスティーブンキング

原文ママではないのですが、言ってることは違いないのでこれでいいとしましょう。

そのままの意味で、とにかく小説を書き、とにかく小説を読むことです。

でもこれって当たり前に見えて結構難しい。

私はいろいろやっているといいました、そこには当然読むことも書くこともやってきました。

読むほうはどうにかできます、ところが書く方というのが口で言うほど簡単ではない。

自分の精神状態が大きく影響してくることがわかりました。

以前違うブログサイトでですが、作家になるまで毎日ブログを更新して、その日やったことやら、小説のために何をしたのかといったその経過をつづるというものをやっていましたが、120日で一度止まりました。

原因は家庭間の不和で、その問題自体は消えていませんが、その時はとにかく何もしたくないというレベルで精神的に不安定になっていました。

レジ打ちのほうが精神的に楽だと思えるくらいでしたので相当な物だったのでしょう。

いまはそこからだいぶ回復して、また少しずつ書いてはいます。でもブログのほうは完全に止まりました。

ブログで経過を書くことも、自分の中でいくらかの意味を持っているのだと分かったので、また再開しようかなと思っていましたが。

それをここで再開しようかなと思っています。

正しくはリスタートです、ここからいきなり121日目なんて言ってもわけがわからんことになりそうですし。

開始は明日からにしようと思っています。つまりこれが0日目、所信表明のようなものです。

書きながら思ったこと、自分の中でかみ砕いて答えを出したこと、とにかくいろいろ書いていこうと思っています。

もし夢のために何か努力をしている人がいるというのであれば、これを一つの糧に、ここにも頑張っている人がいるということを思い出して、一緒にやっていきませんか?

コメント

タイトルとURLをコピーしました