ゲーミングお兄さんではダメですか?

Bauhutte G-350

ついに昨日、休日という事を生かして、購入した椅子の組み立てに入った。

別に秘密基地化しようと思ったわけではないのだが、送られてきた段ボールにこんな文字が入っていた。

まあ自分の部屋が秘密基地のようになるなら、それはそれでわくわくするよなとは思いつつ箱の中身を空けてみた。

というのはちょっと語弊があって、実は中身は既に出ている。だから封が開いている。

まず驚いたのはその箱の大きさで、玄関に横でいれることはできない大きさになっている。

私の家は実家で、横開きの少し大きめな玄関があってそこからなら入ったわけだが

これを集合住宅系の建物で注文した場合、いったいどうやって部屋の中まで運ぶ、もとい搬入するのか想像だにできない。

んでこれが組み立てるパーツの全てになる。

以前に1万切るくらいの椅子を組み立てたことがあったが、それと工程に大した違いはなかった。

ただ物が物で大きいので、その辺りはだいぶてこずった。

そして完成したのがこちらになります。

椅子はゲーミング家具ブランドBauhutteのG-350という椅子である。

一時期ゲーミングお姉さんで話題になった椅子でもある。

私はこの椅子が出たときから気になっていたが、社会に出たばかりで金もないとその時は諦めていた。

いざ懐に余裕が出てきたときには既に何度も在庫切れ状態、発注しようにもこのコロナ渦でなかなか難しかったのだろう。

そしてつい一か月ほど前に再版がなされ、私は迷うことなくぽちったものになる。

この椅子に関してのレビューはほかのブログ記事で詳細を書こうとは思っているが、自分が思っていたのと少し違う感じがしたが

いざ座っているとこれくらいがちょうどいいのだなと思うようにはなって、概ね満足している。

飯食いに行くか

椅子に座ったままTwitterを見ていると友人からの返事が来ていた。

そして現状の事を話し合い、いつか飯にでも行こうぜという話にもなっていた。

国試は今年も受けるのかとか聞かれて、まあ俺は逃げることができないからなというと。

長引けば長引くほど厳しくなるという、なんとも現実的なご指摘をもらった。

そんなお叱りを受けつつ、自分はその日も勉強をしていった。

せめて4時間くらいの勉強を苦に感じないように自分を作り替えるのが、いまの大目標としたいと思っている。

コメント

タイトルとURLをコピーしました