ブログ書いて外に出るようになった

ブログにできる限り写真を載せていこうと考えていて、最近ではipad airを片手に家から歩くことが増えてきた

引きこもりが引きこもるためにやっていたことで、外出が増えるというのも謎だが、別に悪い気分ではなかった。

そもそも運動をしなさすぎで

大学に行っていた時期は地元を散策する暇なんて微塵もなかったし、まあそもそも勝手知ったる自分の地元といった感じだった。

それでも結構自分が知らないことは多かった、そりゃそうだ、私は基本的に引きこもり性質だったのだから。

そんな場所で写真を撮っていると、勝手知ったる地元でも意外と感慨深い。写真にはまる人間の気持ちもわかるような気がしてきた。

自分が写真を撮ることができるのはスマホとipadくらいで、他の機材というものは何もない。

スマホとipadで撮った写真を見比べてPCで拡大してみると、技術の進歩というものを感じたので、もうスマホで写真を撮ることはあまりなくなってしまった。

写真は意外とどこを撮っても楽しいななんて思ったし、これで高いカメラとか買ったらどうなんだろと興味も湧いたが、カメラの沼は底が見えなさそうなので手を出すことは無いかと思う。

買うとしたら動画が撮影できるものだろうか。

そんなわけで家の周囲の写真を撮ってみたのだが、家に持ち帰って気づいたのは意外と場所を特定できるものが映り込んでいたので、こういうところも気を付けなきゃなと思った。

そんなわけで実家の写真でも載せてみた、この辺りだったらどう頑張っても特定もできないし安心できる。今度はちゃんと確認しながら写真撮ってみようと思う。

ちなみにこれは実家の正面玄関である。普段はこの木を登ってネコは窓から帰ってくるのだが、この時期は私の部屋が灼熱地獄のようになっているので猫も犬も私の部屋にはやって来ない。

獣たちは家の中で涼が取れる場所を知っているので大体そこにいる。

例えば犬だったら、私の部屋の下に当たる部屋のソファの上で寝ている。風通しが良く涼しい場所である。

そして猫に関しては家から出ていく、つまりこの家の中はどこでも暑いという事なのだろう。

猫も逃げるこの家の人間たちが、果たしてクーラーもなく今年の夏を乗り切ることができるかどうか。

まあ無理だろうと思うので、私は部屋から逃げる準備をしようと思っている。

まだ梅雨は終わってないらしいのだが、リビングの温度は29度を超えていたので、今年の夏も殺人級の暑さになるのは目に見えている。

昔は扇風機さえあれば問題ないよねなんて思っていたが、今では2台あっても暑さに耐えきれない。

だから自分が外に出るのも、あながち生物として間違っていない行動なのかもしれない。

ただ近くにお洒落な喫茶店でもあればいいのにななんて思うが、そんなものはないから田舎というのだった。

コメント

タイトルとURLをコピーしました