攻撃的な人間の見分け方

毎日日記

獅子身中の虫

はらわたが煮えくり返るほど怒り狂っていた前日、だが仕事は変わらずにやってくる。

給料は普通に高い方だし、このくらいのマイナス要素もあってこそだよなと思いこむことにした。

しかしそのままパーマで出かければきっとまたお局の攻撃があるのは容易に想像ができる。

なので頭をワックスでガッチガチに固めていった

見た目どう見ても河童だった、正直その恰好をしている自分がダサすぎてそっちでストレスを感じて頭痛がしていたところもあった。

※河童の写真なんてあるわけがない。

店では糞ださ河童ヘアーで出て、少しは反省していますの態度を見せているが、内心糞野郎絶対忘れねえからなこのことと爪を研ぎながら仕事をしていた。

13日にお偉いさんが来るらしいので、その時にパーマがオッケーかダメかの裁定がなされる、それまではワックスで固めて表ではおとなしく見せておいて。

腹の内では怒りをぐつぐつと煮やしながら仕事をしていくと思われる。

私と店員と客と、そして共通点

私はどうにも人とのめぐりあわせが、仕事になると途端に酷くなることが多い。

バイトの経験として個人経営の居酒屋でのバイトと、コンビニについてのバイトがあるのだが

どちらも客との関係はものすごくよくなることが多い、名前を憶えてくれたり、頑張ってと声をかけてくれたり、今働いているところでもにこっと笑顔を向けてくれる客も多い。

たまに変な客が、頭のおかしいとしか思えないクレームを入れてくることがあるが(やっていないことをやったと言い張る系)そんなやつは一年に一人くらいのレベルでもある、もはやノーカウントでいいだろう。

だけど店員側の人間ととにかくウマが合わなくなるというか、なんだか攻撃的な人間が私を標的にすることが多い

そんなに私は与しやすく見えてしまうのだろうか……

ちなみにそういうやつらを見ると私は後学の為に観察することにしているのだが、共通しているのは足元がだらしないことである

いま私の事を攻撃してくるお局は靴の後ろをぐちゃぐちゃに踏んでいるし、今までに出会ってきた奴はサンダルだったり、健康シューズだったり、靴下穿いてなかったりする。

恐らく足元を見たら人間性が分かると思われる。

これ参考にしていいよ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました